ライトアップされて、暗闇から降り注ぐように咲く唐津城のフジ=唐津市東城内

 ちょうちんに照らされた石段を登ると“紫のシャワー”が目に飛び込んできた。唐津市の天然記念物に指定されている唐津城(舞鶴公園)のフジが見頃を迎えている。日没後はライトアップされ、暗闇から降り注ぐように薄紫の花が夜風に揺れる。

 樹齢約140年。4年前、幹の腐食による樹勢の低下や害虫の寄生で、花がほとんど咲かない被害が発生した。市では樹木医の指導を受けて剪定せんていや薬剤散布など樹勢回復に取り組み、都市計画課によると「7、8割まで回復」と元気な姿を取り戻しつつある。

 現在満開で、唐津城案内所によると見頃は今月いっぱいの見通し。ライトアップは午後10時まで。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加