秀島敏行市長(右)に目録を手渡す県造園建設業協会の村山優会長=佐賀市役所

 県造園建設業協会(村山優会長)は、天皇陛下在位30年を記念してソメイヨシノとイロハモミジ計160本を佐賀市に贈った。24日に市役所で受納式があり、秀島敏行市長に目録を手渡した。

 「みどりの基金」を活用した緑化推進事業の一環。贈呈した樹木は3月上旬、既に佐賀市の金立公園に植えている。式では、秀島市長が「いつも温かいご支援に感謝している。一段と春と秋が楽しめるようになる」と感謝の言葉を述べた。村山会長は「環境が変化する中で、微力ながら県民のために活動を進めていきたい」と意欲を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加