感謝状を受け取った谷口瑠真さん(左から2番目)、西村順子さん(同3番目)、髙橋米子さん(同4番目)=佐賀南署

 佐賀南署は道に迷っていた高齢者の保護に貢献したとして、西九州大3年の谷口凜夏さん(20)と妹で同大1年の谷口瑠真さん(18)=いずれも佐賀市大財4丁目=ら4人に感謝状を贈った。

 ほかに感謝状が贈られたのは、佐賀市川副町のパート従業員西村順子さん(61)、福岡県柳川市の自営業髙橋米子さん(73)。

 谷口さん姉妹は3月30日夜、佐賀市内を歩いていた際に70代女性から道を尋ねられた。女性が自身の住所を説明できなかったため、その場に引き留めて警察に連絡、保護につなげた。

 西村さんは今月1日夜、佐賀市川副町を車で走っていた際に、道路にたたずむ90代男性を発見。自宅が分からない様子で、住所を聞き出しながら送り届けた。髙橋さんは柳川市内を散歩していた8日夕、同じ場所に動かずにいた70代女性に声を掛けた。「ここはどこですか」と言われ、女性の家族に連絡し、自宅がある佐賀市まで送り届けた。

 感謝状の贈呈式には、谷口瑠真さんら3人が出席。井手栄治署長が1人ずつ手渡し、「今後もいろいろな面で協力していただけると助かります」と感謝を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加