アクセサリーや布製品、インテリア雑貨などが並んだ「吉野ヶ里マルシェ」=吉野ケ里歴史公園北口エリア

 県内外のハンドメイド作家や飲食店が集う「吉野ヶ里マルシェ」が21日、神埼市郡の吉野ケ里歴史公園北口エリアで初めて開かれた。好天に恵まれた会場は多くの親子連れでにぎわい、バッグやアクセサリーなどを熱心に品定めしていた。

 地域とのコミュニティーづくりなどを目的に、北欧家具を取り扱う「IKEA」福岡新宮店と連携して開催した。県内のハンドメイド作家が作ったアクセサリーのほか、インテリア雑貨などの27店舗が並び、来場者は目当ての品を買い求めていた。

 神埼市の友人家族と訪れた平川弥華さん(32)は「子どもと一緒に買い物を楽しめた。また来たい」と笑顔だった。同公園の品川崇寛企画係長は「地域と連携して、成長していければ」と話した。次回は5月19日に開く。

このエントリーをはてなブックマークに追加