九州電力など電力3社で、原発のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)が設置期限に間に合わない見通しとなっている問題で、原子力規制委員会は24日、完成期限の延長を認めないことを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加