ウォルフスベルク戦の後半、攻め込むザルツブルクの南野(上)=ザルツブルク(共同)

 【ザルツブルク(オーストリア)共同】サッカーのオーストリア1部リーグで24日、ザルツブルクの南野拓実はホームのウォルフスベルク戦の後半12分から出場し、試合終了間際に駄目押しとなるチーム3点目を決めた。今季リーグ戦で6点目。チームは3―1で逆転勝ちした。

このエントリーをはてなブックマークに追加