佐賀県は24日、旧優生保護法下で強制不妊手術を受けた被害者に対する救済法の成立、施行を受け、一時金の相談窓口を開設した。 一時金は一律の320万円で、請求期限は24日から原則5年間。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加