自主番組を制作するFMからつのスタッフ=唐津市南城内のスタジオ

 佐賀県内初のコミュニティーFMラジオ局として「FMからつ」が、開局した。午前10時から5時間、開局記念番組を放送し、今後のプログラムなどを紹介。電波に乗せた“唐津密着”の情報発信が始まった。

 まちづくり活動を支援するCSO(市民社会組織)「ネットワークステーションまつろ」を母体に2009(平成21)年3月、会社を設立。市内外の企業や個人に出資で資本金1850万円を集めた。同市南城内の空きビル2階をスタジオに改装、鏡山に放送アンテナを設置し10(平成22)年3月、総務省九州総合通信局から免許を受けた。

 今年で開局9年目。東日本大震災や熊本地震を受け、以前から取り組んでいた防災に関する放送にさらに力を入れ、電波の届かない地域の解消にも取り組む。

 ラジオは24時間放送。自主制作番組は開局当時、2番組程度だったが、現在は16番組まで増えた。唐津市出身や唐津にゆかりのある、さまざまなジャンルのパーソナリティが番組を担当している。2、3年前からは、アイドルやミュージシャンが出演する番組も増え、人気となっている。(令和まであと6日)

このエントリーをはてなブックマークに追加