漫☆画太郎が描いた県立図書館のキャラクター「くすクスくん」をあしらった限定カード(提供)

 佐賀県立図書館は、漫画家の漫☆画太郎さんが同館のキャラクター「くすクスくん」を大胆に描いた利用者カードを制作した。27日から100枚限定で配布する。

 画太郎さんは松山ケンイチさん主演で映画化された漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」などで知られる。画太郎さん独特のタッチが強烈なインパクトを与え、SNSでも既に1万件以上の反応があるなど話題になっている。

 このほか、イラストレーターの326(ミツル)さんによる同館の子ども用ホームページのキャラクター「ミニクマのぶしげ」、佐賀在住のデザイナーDesign446(デザインヨンヨンロク)さんがデザインした同館児童室の窓を彩るイラストを使ったカードがあり、各100枚用意している。

 担当した同館利用サービス課の清水謙太郎さん(38)は「326さんと446さんは子どもに、画太郎さんは親世代に訴求できるのでは」と話し、「カードは3年ごとの更新を繰り返して使い続けられる一生もの。これを機に図書館に足を運んで」と呼び掛ける。

 カードは同館本館と好生館分室で、18歳以下の新規利用者を対象に配布する。高校生以上は健康保険証などの名前、生年月日、現住所を確認できる書類が必要。問い合わせは同館、電話0952(24)2900。

このエントリーをはてなブックマークに追加