豊かな海や山に囲まれた場所にある唐津青翔高校=玄海町新田(高度約150メートルからドローンで空撮)

海と山、豊かな自然に囲まれて

東松浦高校時代の玄海町周辺の空撮写真.。校舎は写真中央(提供)

 2005(平成17)年、東松浦高校(玄海町)と唐津北高校(唐津市鎮西町)が統合し、東松浦高校があったこの地で開校した唐津青翔高校。校名の「青翔」にちなんだ「Seisho Blue Wings High School」という英語の愛称や、海に面した土地に立地しているなど、県内でも珍しい特徴を持っている。
 民家などは比較的少ないが、緑に覆われた山や、島が点在する美しい仮屋湾など、豊かな自然に囲まれている。

 

 

 

 

◆栗山明彦校長

 玄海町にある県北部唯一の総合学科高校であり、地域と連携した教育活動が盛んです。
 名護屋城博物館や福祉施設での実習、地域の環境調査、地元のよさを発信する商品開発、美術作品制作での町への協力などを行っています。
 また、町の国際交流協会の協力を得て、釜山外国語大学校との交流を行うなど、さまざまな場で生徒が活躍しています。

 

 

◆生徒会長 出口揚崇さん

 多種多様な進路志望を持つ生徒たちが一致団結する学校で、生徒一人一人が協調性を大事にすることを心がけています。
 目玉行事の青風祭では先生方も参加し、大きな盛り上がりを見せます。
 学校行事などで協働力を身につけ、主体性を育み、校訓である「自律」「挑戦」「感謝」を胸に、地域社会に貢献できる人物を目指しています。


----------

 佐賀県内の高校を、周辺景色とともに空撮したものを連載します。通い慣れた校舎、通学路の町並みをいつもと違った角度からご覧ください。

▶電子新聞に複数写真

 

動画

このエントリーをはてなブックマークに追加