がんの遺伝子の働きを抑える薬を、血液中で分解されないよう護衛しながらがん細胞へ確実に届ける高分子を開発したと、東京大の片岡一則特任教授らのチームが24日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加