会社法違反(特別背任)の罪で追起訴された前日産会長カルロス・ゴーン被告(65)の保釈の可否について、東京地裁が25日にも判断する見通しであることが24日、関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加