佐賀賞に選ばれた種商の諸冨和馬社長

 地域の文化に根ざした独自性のある贈答品を表彰する日本ギフト大賞選考委員会は23日、「ふるさとギフト最高賞」に高橋水産(宮崎県)の「ちりめんアヒージョ」を選んだと発表した。地元の高校と共にレシピを考案するなど、食品を通じて地域と一体となった活動を行っている点を高く評価した。

 都道府県賞のうち、佐賀賞には種商(鳥栖市)の「スーパーフード ライスボール ボックス」が選ばれた。この日、東京都内で開かれた表彰式で、高橋水産の高橋建生社長は「地域のいろいろな方の協力のおかげでできた。これからも地域と協力しながら新たな商品ができればと思う」と話した。最高賞は各都道府県賞を受賞した47点の中から選ばれた。

 今回から特別賞として「文化交流促進賞」を創設。国際部門にアイルランドと日本の文化交流に貢献したとして、在日アイルランド大使館とヘリオス・ホールディングス(愛知県)を選んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加