運送業界の慢性的な長時間労働の改善を図ろうと、佐賀労働局と佐賀運輸支局は、県内の荷主企業570社に対し、「短納期発注など長時間労働につながる商慣行の見直し」などを文書で要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加