学童の施設におらず、学校の教室で過ごしている。県東部の母親(47)が、支援員から長男が「困った子」として連絡を受けたのは、2年前の夏休みだった。 本人に理由を尋ね、驚いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加