滋賀県東近江市の病院で2003年、人工呼吸器を外して男性患者を殺害したとして殺人罪で懲役12年の判決が確定し服役した元看護助手西山美香さんの再審公判で、検察側が有罪を主張する方針であることが23日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加