窓乃梅酒造(佐賀市久保田町、古賀醸治社長)は2月25日、大吟醸の「滴(しずく)取り」を行った。袋に入れたもろみ自体の重さで酒を搾り取る伝統法で、機械で圧縮する製法よりも甘みや香りが際立つ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加