旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、参院厚生労働委員会は23日、与野党が提出した被害者への一時金320万円支給を柱とする法案を可決した。

このエントリーをはてなブックマークに追加