南米ペルーに35年間滞在し、アンデス地方を描き続けている大川市出身の画家、野口忠行さん(76)の新作個展が、同市の「和木仏壇ギャラリーえがしら」で開かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加