16議席を18人が争った鹿島市議選は、現職12人と元職1人、新人3人が当選した。30~90代の幅広い年齢層の舌戦で注目を集め、全市的に組織された老人会の後押しで91歳の新人議員が誕生した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加