多久市選挙管理委員会の中原博秋委員長は22日、2期連続で無投票当選した市議15人の当選証書付与式で「選択の機会が失われたという市民の声に応え、市政の発展、福祉の向上に尽くしてほしい」と述べ、活発な議…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加