しおり作りに夢中になる子どもたち=神埼市中央公民館

 神埼市内の読み語りグループが会し、絵本の魅力を伝える「第3回おはなしフェスタ」が20日、神埼市中央公民館で開かれた。親子連れ225人が来場し、絵本の表紙絵を使ったしおり作りや紙芝居、劇などで絵本の世界を楽しんだ。

 しおり作りは子どもたちに大人気。好きな絵本のイラストを探し回ったり、「この絵は何の絵本?」とスタッフに聞いたりしながら、世界に一つだけのしおりを作った。手作りの布芝居や劇、21日のイースター(復活祭)に合わせて卵が登場する外国の絵本の読み聞かせを、子どもたちは食い入るように見つめた。

 寝る前に毎日、母親に絵本を読んでもらっているという市内の藤井和華ちゃん(4)は「早く絵本を読めるようになりたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加