この春、全国の舞台で躍進した相手の実力を目の当たりにした。5季ぶりの九州大会に臨んだ佐賀商は選抜大会8強の筑陽学園に2-8で敗戦。森田剛史監督は「完敗です。県の代表として申し訳ない」と唇をかんだ。

 好機での勝負強さに差があった。初回、先発野田匠は「ストライクを取りにいったところを簡単に打たれてしまった」と、相手の中軸に3連打を許し3点を献上。二、三回はリズムを取り戻したが、四回に右越え本塁打を浴び、六回には高めに浮いた変化球を中堅右に放り込まれた。ともに2死まで奪いながらの一発。相手打線の集中力は目を見張るものがあり、「最後は投げる球がなかった」と脱帽した。

 打線は五回まで2安打に抑え込まれていたが、六、七回に1点ずつ返すなど奮起。結果的に相手と同じ10安打を放った。

 ただ、好機で一気に畳み掛けるまでには至らず、済木龍輝主将は「ここ一番の場面で相手と差があり、自分たちはまだまだだと感じた。夏までにしっかり振り込む」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加