この春、全国の舞台で躍進した相手の実力を目の当たりにした。5季ぶりの九州大会に臨んだ佐賀商は選抜大会8強の筑陽学園に2-8で敗戦。森田剛史監督は「完敗です。県の代表として申し訳ない」と唇をかんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加