2回戦・佐賀商-筑陽学園 7回表佐賀商1死二塁、8番古川淳之介の右前打の間に二走本村朋輝(左)が生還し、2-8とする=鹿児島市の鴨池公園野球場

 第144回九州地区高校野球第2日は21日、鹿児島市の鴨池公園野球場などで2回戦5試合があり、ベスト8が出そろった。佐賀県勢の佐賀商は春の選抜大会8強の筑陽学園(福岡)に2-8で敗れた。

 選抜4強の明豊は鹿児島実を11―4の八回コールドゲームで退け、熊本西は真颯館(福岡)に9―6で勝った。興南(沖縄)は神村学園(鹿児島)に5―4でサヨナラ勝ち。福岡大大濠は初出場の球磨工(熊本)に対し延長十回に4点を奪い、5―1で勝った。

 第3日は22日、同球場などで準々決勝4試合があり、熊本西―大分工、西日本短大付(福岡)―明豊、興南―筑陽学園、大分―福岡大大濠の顔合わせとなった。

筑陽学園8―2佐賀商

 佐賀商は序盤にリードを奪われる苦しい展開で、筑陽学園に力負けした。

 先発野田は初回1死二塁から3連打を浴び3失点。四回には2死二塁から2点本塁打を許し、六回にも2死二、三塁から3点本塁打をくらった。その後は古賀涼、白仁田の継投で何とか無失点に抑えた。

 打線は五回まで2安打と沈黙。しかし、六回1死一、三塁から4番藤川の右前適時打で1点を返すと、七回には1死2塁から8番古川の右前打と敵失で追加点を奪った。

 なおも追い上げを図ったが、好機であと一本が出なかった。

▽2回戦(鴨池公園野球場)

佐賀商 0000011002
筑陽学園30020300×8
▽本塁打 弥富、福岡(筑)
▽二塁打 済木(佐)福島、福岡、江原3(筑)

  • 筑陽学園8―2佐賀商
  •  佐賀商 打安点
  • (6) 済 木410
  • (9) 松 隈430
  • (5) 副 島410
  • (3) 藤 川311
  • (4) 中 島400
  • (7) 古賀颯100
  • H7本 村320
  • (8) 小 栁400
  • (2) 古 川420
  • (1) 野 田200
  • 1 古賀涼000
  • H 山 下100
  • 1 白仁田000
  • H 高 木100
  •    計 35101
  •  振球犠盗失併残
  •  8100117

 

  •  筑陽学園 打安点
  • (6) 中 村510
  • (3) 弥 富212
  • (5) 福 島411
  • (9) 福 岡524
  • (4) 江 原431
  • (2) 進 藤200
  • (7) 野 田310
  • (8) 石 川400
  • (1) 西 舘210
  • 1 菅 井000
  •    計 31108
  •  振球犠盗失併残
  •  4720118
  • 投 手回 安振球
  • 野 田52/3837
  • 古賀涼 1/3100
  • 白仁田2 110
  • ……………………
  • 西 舘71/3961
  • 菅 井12/3120
このエントリーをはてなブックマークに追加