ラグビー7人制女子の国際大会、ワールドシリーズ(WS)第4戦北九州大会最終日は21日、ミクニワールドスタジアム北九州で行われ、順位決定戦に回った日本は最下位の12位に終わった。

 初戦のフィジー戦は17―28で敗れ、11、12位決定戦では中国に0―7で競り負けた。佐賀工高出身の堤ほの花(日体大4年)は2試合ともに出場し、フィジー戦で先制トライを奪うなど奮闘したが、勝利には結びつかなかった。

 決勝はカナダがイングランドを7―5で下して優勝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加