男子ダブルスを制した唐津南の山野邉洋輝(右)・野﨑永遠組=佐賀市の旭学園体育館

 国体の選考会を兼ねた第31回県高校バドミントン春季大会は21日、佐賀市の旭学園体育館で男女のダブルスがあった。唐津南勢同士の対戦となった男子決勝は、山野邉洋輝・野崎永遠組が青木雄宥雅・岡本仁誠組に2-1で競り勝ち頂点に立った。

 女子は江里口玲奈・田中果帆組(多久)が杉原真優・大津留呼春組(佐賀女子)を2-1で破って優勝した。

【男子】準々決勝 山野邉・野崎(唐津南)2-0今泉・岸本(同)、城戸・上田(唐津南)2-0武富・大塚(佐賀工)、青木・岡本(唐津南)2-0山口・廣重(小城)、東・壇(唐津南)2-0坂本・出(唐津工)▽準決勝 山野邉・野崎2-0城戸・上田、青木・岡本2-0東・壇

▽決勝

山野邉洋輝・野崎永遠 2(24-22、21-23、21-18)1 青木雄宥雅・岡本仁誠

【女子】準々決勝 江里口・田中(多久)2-0秋好・秀(佐賀女子)、池田・山口(唐津南)2-1本多芙・本多沙(武雄)、中園・濱田(佐賀女子)2-0片山・川原(唐津南)、杉原・大津留(佐賀女子)2-0中島・武藤(佐賀東)▽準決勝 江里口・田中2-0池田・山口、杉原・大津留2-0中園・濱田

▽決勝

江里口玲奈・田中果帆 2(15-21、22-20、21-13)1 杉原真優・大津留呼春

このエントリーをはてなブックマークに追加