明治時代初期に北海道の開発に尽力し「北海道開拓の父」と呼ばれる佐賀藩士島義勇(1822~74年)の顕彰祭が21日、札幌市中央区の北海道神宮で開かれた。

 島は1869年に開拓使のナンバー3に当たる主席判官となって開拓の拠点都市づくりを任された。札幌を開拓の拠点とし碁盤の目状の街並みを構想するなど札幌市の礎を築いた。

 顕彰祭には札幌市民らのほか、山口祥義佐賀県知事や秀島敏行佐賀市長など約200人が参加。秀島市長は「昨年佐賀市で、島の像が完成した際は北海道から多くの方に来ていただいた。今後も絆を深めたい」とあいさつした。札幌市の秋元克広市長は「島判官の構想でつくられた素晴らしい街札幌を、次の世代まで引き継ぎたい」と話した。

 島はその後、秋田県の初代権令(知事)となり、74年には佐賀の乱に参加し、刑死した。北海道神宮では島の命日にちなみ、毎年4月に慰霊や顕彰の催しが行われている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加