男子100メートル予選 力走する桐生祥秀(左)=ドーハ(共同)

 男子100メートル予選 10秒30の2着で、準決勝進出を決めた山県亮太(左)=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】陸上のアジア選手権は21日、ドーハで開幕し、男子100メートル予選で3組の桐生祥秀(日本生命)は10秒29で1着、5組の山県亮太(セイコー)は10秒30で2着となり、ともに22日の準決勝に進んだ。

 女子のやり投げで宮下梨沙(大体大TC)は55メートル27で4位だった。5000メートルで田中希実(豊田自動織機TC)は15分44秒59で6位、高松智美ムセンビ(名城大)は8位。100メートル予選で福島千里(セイコー)は11秒92で1組6着だったが、タイムで拾われて22日の準決勝に進んだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加