佐賀市歯科医師会の一瀬暢宏理事から、歯ブラシを受け取る大詫間小1年の古賀敦史君=佐賀市川副町の同小

 佐賀市歯科医(い)師(し)会(かい)(徳島茂樹会長)は、本年度から市内の新小学1年生へ歯ブラシを贈(おく)る事業を始めました。12日に佐賀市川(かわ)副(そえ)町(まち)の大詫間(おおたくま)小(平田陽介校長)で新入生9人への贈(ぞう)呈(てい)があり、虫歯ゼロを目指した歯(は)磨(みが)きの大切さを伝えました。

 入学式を迎(むか)えた新入生を代表して古(こ)賀(が)敦(あつ)史(し君が、歯ブラシを受け取りました。同会学校歯科委員会の一(いちの)瀬(せ)暢(のぶ)宏(ひろ)担当理事があいさつし、「歯ブラシに書かれた『たいせつな歯をみがいてむし歯ゼロ』で、楽しい学校生活を送って」と呼(よ)び掛(か)けました。

 歯ブラシは、市内の小学校40校の新入生約2千人に配られました。一瀬理事は「以前の調(ちょう)査(さ)では県内の3歳(さい)児(じ)の虫歯数が多く、連続してワースト1の時期もあった。生活習(しゅう)慣(かん)が変わる今の時期に意(い)識(しき)してほしい」と話しました。(13日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加