佐賀市の佐賀城本丸歴史館で27日から5月6日までの10日間、子どもから大人までが和の文化に触れながら楽しむことができる多彩なイベントが開かれる。同歴史館は「家族や普段は来ない人たちにも楽しんでもらえるイベントがたくさんある」と来場を呼び掛ける。

 「新元号『令和』記念!佐賀城のゴールデンウィーク」と銘打って、さまざまな催しを実施。全日程で開く「昔遊び体験」「なりきり明治維新コーナー」では、扇を投げて的を落とす投扇興、けん玉などを体験できるほか、昔ながらの和装を着用して記念撮影ができる。また、新元号「令和」にちなんだ撮影スポットも登場する。

 4月27、29の両日は「親子甲冑(かっちゅう)着付け体験」がある。事前申し込みが必要で、22日午前9時半から同歴史館のウェブサイトで受け付ける(先着順)。5月1日は幕末にあった湿版写真と呼ばれる撮影技法のような写真を撮影でき、3日は水引や和紙など和の素材を使ったオリジナルこいのぼり作り、4日は打ち掛けや裃(かみしも)などの着付け体験がある。

 参加費や入館料は無料。問い合わせは同歴史館、電話0952(41)7550。

このエントリーをはてなブックマークに追加