みやき町にテントを寄贈した三養基ライオンズクラブ原哲之会長(右から2人目)ら=みやき町庁舎駐車場

 三養基ライオンズクラブ(原哲之会長、42人)は18日、創立40周年を記念して、みやき町にテント7張りを寄贈した。町は町内7小学校に1張りずつ配布し、学校行事などで活用する。

 同クラブは地域に貢献しようと、5年ごとの周年事業として地元自治体に寄贈している。今回は会員から「子どもに対して何か貢献したい」との意見が出たことから、同クラブの管轄であるみやき町と上峰町の小中学校にテントを贈ることになった。事業費は約170万円。

 みやき町庁舎駐車場であった贈呈式では、原会長が「40周年事業としてテントを送ります」とあいさつし、末安伸之町長に目録を渡した。末安町長は「貴重な浄財を小中学校にいただき、ありがとうございます。さまざまな行事に有効活用したい」と謝辞を述べた。

 同クラブは上峰町にもテント2張りを寄贈する予定で、23日に同町民センターで贈呈式が開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加