大谷桃子選手

 かんぽ生命保険(東京都)は19日、車いすテニスで2020年東京パラリンピック出場を目指す大谷桃子(23)=西九州大4年=と4月1日からの所属契約を結んだと発表した。期間は1年。

 大谷は栃木県出身。西九州大に進学後の2016年から車いすテニスに挑戦し、昨年10月のジャカルタ・アジアパラ大会ではシングルスで銅メダルに輝いた。国内ランキングは2位(3月14日現在)。

 契約では、大谷が出場する国内外の試合で、シャツと車いすに同社のロゴを掲出。同社は「夢に向かって努力し続ける姿勢に共感し、今後の飛躍を期してサポートすることを決めた」と話す。大谷は同社を通じ「まだまだ未熟者の私ですが、力をお借りしながら、2020年東京パラリンピック出場、メダル獲得の目標の実現に向けて精進します」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加