明治安田生命J1リーグ第8節最終日は20日、長野県松本市のサンプロアルウィンなどで7試合があり、サガン鳥栖は松本山雅FCに0-1で完封負けを喫し、3連敗となった。通算成績は1勝1分け6敗(勝ち点4)で順位は最下位。

 名古屋はジョーの決勝点で磐田を1―0で退け、勝ち点16で3位に浮上した。前節3位の大分はG大阪と1―1で引き分け、同16で得失点差の4位。リージョ監督との契約を解除した神戸は浦和に0―1で敗れて3連敗。鹿島は仙台を1―0で下し、札幌は横浜Mに3―0で快勝した。清水はC大阪に勝った。

 第9節は27、28の両日あり、鳥栖は28日午後2時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムで湘南ベルマーレと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加