「土地さえあれば、どこでも誰でも農業ができる。そんな未来をつくり上げていきたい」。人なつっこい笑顔でそう語る。ネパール出身のラマ・カンチャさん(36)は、妻のふるさと唐津市で就農し、4年目を迎えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加