佐賀県多久市南多久町の南部小南渓分校跡で19日、菓子職人などを目指す福岡市の専門学校生が、調理の体験学習に臨んだ。廃校の活用に取り組む農家から素材の味を生かした調理法などを学び、交流を楽しんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加