安倍晋三首相、トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】日米両政府は20日、外務・防衛担当閣僚による一連の協議結果を受け、今月下旬から3カ月連続で毎月開く予定の安倍晋三首相とトランプ大統領による首脳会談へ準備を加速させた。米朝交渉再開をにらんだ駆け引きが続く中、日米首脳間でも北朝鮮が完全な非核化を実現するまで制裁を維持する認識を共有する。日米の貿易交渉のかじ取りや6月の20カ国・地域(G20)首脳会合の合意形成に向けた連携が焦点だ。

 事実上決裂した2月末の米朝首脳再会談後、北朝鮮は金正恩朝鮮労働党委員長による新型戦術誘導兵器の発射実験視察などの動きを見せ、米朝交渉の行方は不透明になっている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加