佐賀大学は、海洋温度差発電(OTEC)の施設導入を計画している南太平洋のパラオ共和国との技術協力協定や学術研究交流協定に調印した。大学の技術支援はインドに続き2カ国目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加