【ワシントン共同】日米の外務・防衛担当閣僚は安全保障協議委員会で、米軍普天間飛行場の沖縄県名護市移設を含む米軍再編を着実に進めることで一致した。河野太郎外相は、沖縄などの基地負担軽減が重要との考えを米側に伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加