岐阜県警は19日、人事管理用に保管されていた幹部の顔写真データに「死ね」や「呪」という文字を書き込んだとして、警察署勤務の50代の男性警部補を戒告の懲戒処分にした。警部補は同日付で依願退職した。

このエントリーをはてなブックマークに追加