水産庁は19日、ニホンウナギの資源管理を議論する国際会合で、来漁期に養殖池に入れる稚魚(シラスウナギ)の上限量を据え置くことが決まったと発表した。上限は6年連続で同水準となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加