旧優生保護法の下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題を巡り、参院厚生労働委員会は19日の理事懇談会で、与野党が提出し衆院通過した救済法案を23日に採決する方向性を確認した。可決後、翌24日にも本会議で可決、成立する見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加