「描きたいのは“些細な神話”。天使的なものを作っている」と塩月悠さん(37)=長崎市在住=は言う。神と人間の世界を自由に行き来する天使は、見えるものと、見えないものを介在する象徴でもある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加