19日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円近辺で取引された。

 午前10時現在は前日比11銭円安ドル高の1ドル=111円95~96銭。ユーロは24銭円高ユーロ安の1ユーロ=125円81~82銭。

 前日発表された米小売売上高が市場予想を上回ったことを受けて、ドルを買って円を売る動きが優勢となった。

 外為ブローカーは「19日は欧州などが休日のため、市場参加者が少なく積極的な取引はなさそうだ」と指摘していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加