会員の力作が並ぶフォトサークル陽光写真展=佐賀市立図書館2階ロビーギャラリー

 日本写真家協会会員の岩永豊さん=佐賀市=が指導する「フォトサークル陽光」の写真展が、佐賀市立図書館2階ロビーギャラリーで開かれている。県写真協会公募展の協会長賞受賞作をはじめ、会員8人による作品約30点を集めている。21日まで。

 同サークルは2007年に発足。作品を持ち寄って岩永さんから指導を受ける月例会を通じて写真の腕前を磨いている。

 写真展は毎年4月に開いており、この1年に公募展で入選した作品と、近作を集めている。公募展で県写真協会長賞を受けた辻田政美さんの「これ欲しいなー」は、縁日でお面を選ぶ小さな男の子が題材でどこか懐かしさが漂う。

 近作のうち、黒木篤憲さんの「江里山秋彩」は、棚田と彼岸花の色合いが印象的な作品。高木久美さんの「米の花」は朝露の残る稲に咲いたかれんな花をとらえた。伊藤方子さんの「お姉ちゃんと一緒」は、幼い孫がはしゃぐ姿を“ブレ”を生かして表現している。

 岩永さんは「どの会員も勉強熱心で、ひとつひとつの作品から日々の努力が伝わってくる」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加