贈られた見守り地蔵を手に笑顔を見せる北波多小の児童=唐津市北波多の同小

 唐津市北波多の民生・児童委員協議会(合田富士子会長)が17日、北波多小の1年生45人に交通安全の願いを込めた布製のお地蔵様を贈った。児童は交通安全への意識を新たにした。

 お地蔵様は軍手の指の部分に綿を詰め、目と口を縫った糸で描いている。フェルトでできた帽子と前掛けを付けている。同協議会15人が協力して作り、児童1人ずつに手渡した。

 活動は6年目で、今年で全学年の児童に行き渡った。協議会の合田会長は「元気に学校に通ってほしいという願いを込めて作った」と呼び掛け、お地蔵様を受け取った大廻凌空(りく)「君は「うれしい。学校に行くときは信号を守る」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加