第33回佐賀県中学軟式野球大会(県軟式野球連盟主催、佐賀新聞社など後援)が20日、佐賀市の佐賀ブルースタジアムなどで開幕する。出場70チームが、県ナンバーワンの座を目指して熱戦を繰り広げる。

 3月の全日本少年春季軟式野球大会に県代表として出場しベスト16に入った諸富や、昨年11月のドリーム旗争奪大会を制した西有田を中心とした優勝争いが予想される。初日は1回戦6試合と2回戦26試合を実施。決勝は5月5日午前10時から、佐賀市のみどりの森県営球場で行われる。

 優勝チームは6月29、30日に宮崎県である九州大会に出場する。全国大会は8月に神奈川県で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加