18日、米ホワイトハウスでのイベントに登場したトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】米政権のロシア疑惑で、司法省が捜査を指揮するモラー特別検察官を任命した直後、トランプ大統領が「これで大統領として私は終わりだ」と側近に危機感を漏らし、モラー氏解任を模索するなど捜査介入を狙っていたことが18日、米司法省が公表したモラー氏の捜査報告書で明らかになった。

 バー司法長官が、焦点の司法妨害の疑いに関して「証拠不十分」との見解を示したことでトランプ氏は潔白が示されたと主張するが、政権と対立する民主党は疑惑追及を続ける構え。攻防は今後も続きそうだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加