任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」

 【上海共同】中国広東省政府は18日、ホームページ上で、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を中国のIT大手、騰訊控股(テンセント)に販売させることを認めたと明らかにした。ロイター通信が報じた。

 スイッチは中国で正式に販売されておらず、任天堂はテンセントを代理店として世界最大級とされる中国のゲーム市場に参入したい考えとみられる。ただ、広東省による許可によって中国全土での販売が可能になるのかどうかは不明。

 任天堂の広報担当者は、テンセントを通じ広東省に販売認可を申請していたことを認めたが、具体的な言及は避けた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加