作品が採用されたポスターの前で

 2018年度明るい選挙啓発ポスターコンクール佐賀県審査会で特選に輝いた山崎暖真(はるま)「君(大良小5年)。大勢の人が選挙に行ってほしいと、画面いっぱいに投票する人の手を描いた。

 工夫したのは、18歳から選挙できるようになったので制服姿の高校生も描いたところ。絵や図工が得意で「グラデーションなどの色塗りに時間がかかり大変だったけど、特選になってうれしかった」とにっこり。

 漫画や本が大好きで、お勧めは動物を題材にした児童書『ざんねんないきもの事典』。サッカーや水泳も好きで練習している。夢はサッカー選手か、お父さんやおじいちゃんと家業のミカン作りもやってみたいと思っている。(地域リポーター・古川ゆかり=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加