【きょうの催し】

 與止日女神社大祭(佐賀市大和町の与止日女神社)◆多久聖廟春季釈菜(多久市多久町の多久聖廟)

 

【譲ります】

 ☆犬 8歳のフレンチブルドッグ(黒・雌1)。トイレしつけ済み。多久市、水田

 

【巡回車】(19日)

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=上峰町・おたっしゃ館(対象は40歳以上)

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽13時半=上峰町・おたっしゃ館(予約制、子宮がん検診は20歳以上、乳がん検診は40歳以上が対象)

 ◆献血車 9~16時=基山町保健センター

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【イベント】

 ◆第12回「クリークの恵みを味わう会」

 (5月12日11~14時、神埼市千代田町姉のあらい花公園広場)天然ウナギの蒲焼きやスッポンのがめ煮、ナマズの蒲焼き、こいこく、ふなんこぐいなどを先着順で無料サービスするほか、ウナギの蒲焼きやせいろ蒸しは販売もする。ステージイベントも。参加無料。アライ警備保障、電話0952(34)6655。

 

【LIVE】

 ◆新緑に奏でる野田正純ピアノコンサートin奏楽庭(そらにわ)

 (5月10日19時~、佐賀市金立町の奏楽庭ギャラリー&ホール)佐世保市出身のジャズオルガニスト・ジャズピアニスト野田正純さんが、子どもから大人まで楽しめるジャズ、クラシック、童謡などをアレンジして演奏する。野田さんは作曲や編曲も手掛け、「初心者のための実践ジャズ理論」など著書や監修物は50冊以上。入場料は2000円(小学生以下1000円)。

 

【告知板】

 ◆「親子でいのちの授業」

 (21日15~17時、唐津市浜玉町のひれふりランド)生きる意味や死、命を考える活動を行う一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会事務局長の千田恵子さんが話す。唐津市内の小学生と保護者が対象。入場無料、定員60人。地域互助力向上ネットワーク0-100地域の輪主催。

 ◆参加型写真展「F9」

 (21日まで、佐賀市唐人の暗室とギャラリーカフェFINDER)同カフェの開店9年目を記念した、写真愛好家16人による作品展。テーマは自由。フィルムカメラで撮影した味わい深い作品など24点。作品を持ち込めば、誰でも出品できる。電話0952(22)6911。

 

【アバンセ情報】

 ◆「県民グループ企画支援事業」実施企画募集

 男女共同参画社会の推進に取り組む県民グループの企画(講演会やイベントなど)に対し、県立男女共同参画センター(アバンセ)が支援する。必要経費の全部または一部に対し5万~20万円を助成する。

 対象は、男女の固定的な役割分担意識の解消や誰もが働きやすい環境づくりを目指すもの、多様な性への理解を深めるものなど、県民グループが男女共同参画社会の実現に向け県民に広く参加を呼びかける企画。企画実施期間が8月から2020年1月末日までのものに限る。特定の政治・宗教・営利活動に関するものは対象外。

 応募は所定の申込書に記入し、〒840-0815 佐賀市天神3丁目2の11 アバンセ事業部「県民グループ企画支援事業」係へ、5月31日までに郵送または持参する。書類選考で実施企画(4企画程度)を決定する。申し込み、問い合わせは佐賀県立男女共同参画センター(アバンセ)、電話0952(26)0011。

このエントリーをはてなブックマークに追加